漁港豆知識 その6|日本の漁港 茨城県

茨城県の漁港の概要

茨城県は約190kmにも及ぶ海岸線を有している県であり、おおよそ大洗を中心に北部と南部に分けることができます。
北部は岩礁海岸、南部は砂浜の海岸となっていて、多くの水産物が水揚げされます。
漁港は第一種漁港が19、第三種漁港が5と合計24港で、全国的に有名な鹿島港や茨城港、久慈港などもこの中に含まれています。
浪崎漁港は巻網漁業の中心地としても知られています。

特徴的な海産物

茨城県沖ではヒラメがよく獲れるとされています。
実際ヒラメの水揚げ量は年間300トンを超え、これは全国でもトップ5に入るほどの量です。
当然多くの漁港でもヒラメ料理を堪能することができます。
加えて冬の時期になるとアンコウの水揚げ量が増えていきます。
「茨城あんこう」という名称で販売されるアンコウは、茨城県内の底引き網漁で獲れた大きなものです。

那珂湊漁港のグルメ情報

那珂湊漁港では「おさかな市場」があり、10店舗ほどのお店でグルメを楽しむことができます。
海鮮丼はもちろん、海鮮焼きなど、新鮮な食材をその食材に合った調理法で食べることができるでしょう。
海鮮丼も茨城県ならではヒラメなどの食材が入っているので注目です。

茨城県の漁港データ

全24港

漁港名ヨミ市区町村WEB
第3種平潟漁港ひらかた北茨城市
第3種大津漁港おおつ北茨城市
第3種久慈漁港くじ日立市
第3種那珂湊漁港なかみなとひたちなか市、東茨城郡大洗町
第3種波崎漁港はさき神栖市
第1種日高漁港ひだか日立市
第1種会瀬漁港おうせ日立市
第1種水木漁港みずき日立市
第1種磯崎漁港いそざきひたちなか市
第1種磯浜漁港いそはま東茨城郡大洗町
第1種松川漁港まつかわ東茨城郡大洗町
第1種白浜漁港しらはま行方市
第1種麻生漁港あそう行方市
第1種小高漁港おだか行方市
第1種五町田漁港ごちょうだ行方市
第1種荒宿漁港あらじゅく行方市
第1種志戸崎漁港しとざきかすみがうら市
第1種牛渡漁港うしわたかすみがうら市
第1種沖宿漁港おきじゅく土浦市
第1種木原漁港きはら稲敷郡美浦村
第1種安中漁港あんじゅう稲敷郡美浦村
第1種広浦漁港ひろうら東茨城郡茨城町
第1種太田漁港おおた神栖市
第1種手賀漁港てが行方市

茨城県の豆知識

※データは2018年時点のものです。

茨城県データ
面積6,097.19km2
総人口2,882,943人(推計人口)
人口密度473人/km 2
県の木ウメ
県の花バラ
県の鳥ヒバリ
県の魚ヒラメ
マーク

マーク

意味(県のWEBサイトから引用)

県章の形態は、「常陸国風土記」の「茨城郡」の条に「茨」(うばら)が見えるなど本県の自然や歴史に関係の深いばらを基本モチーフに、開き始めたばらのつぼみをダイナミックに象徴化したものです。
新しい時代を先導する県にふさわしい“未来指向の斬新なイメージ”をデザインの基調とし、茨城県の「先進性」「創造性」「躍動」「発展」を表現しています。
県章の色は、県のシンボルカラー「いばらきブルー」(鮮やかな青色、マンセル値7.5PB3.5・13)を基本としています。
新しい時代に向かう県民の心のよりどころとして、県政120年を迎えた、1991(平成3)年11月13日に定められました。
県庁所在地

〒310-8555
茨城県水戸市笠原町978番地6

WEBサイト

http://www.pref.ibaraki.jp/index.html




漁港豆知識記事一覧

投稿日:2019年1月7日 更新日:

Copyright© 東部NS工業株式会社 , 2022 All Rights Reserved.